引越しの際は、なるべく梱包は自分でやるようにした方が、あとから荷物の整理をするのに便利です。
引越し業者から借りられる段ボールもあるでしょうが、自分でできることはやっておきましょう。

梱包のコツは、本などは形が決まっているので梱包し易く、大きな段ボールに入れてしまいがちですが、重くて持ちにくかったり底が抜けたりすることがあります。
本はなるべく小さな箱に分けて入れる様にしましょう。

その他に重いものとして、食器が挙げられます。
陶器は少しの量でも重いので、小さめの箱に入れるようにして、まとめておきましょう。

自家用車で移動が可能な場合には、早めに自分で運んでおいた方が間違いありません。
よく荷物は運び終わってから片付けるという人がいますが、なるべく先に荷物の入る部屋を決めておいた方が良いでしょう。

引越し先の部屋の見取り図を用意して、部屋の番号を決めて、段ボールに番号を振っておくことで業者側に運び先を指示し易くなります。
この部屋割を失敗すると、いつまでも段ボールが片付かず残ってしまうことになります。

荷造りのときに気をつけていること

私は荷造りをするときに気をつけていることがあります
それは一目見ただけで中身が分かるようにするということです。

荷造りの際に入れ物に使っているのは段ボール箱と大きな袋で、その表面に中に入っている荷物の名称を書いておくのです。
こうしておくことで荷物を運ぶ際にも、これは壊れやすいものだから慎重に運ぶという的確な判断が取れるようになります。

以前に一度運ぶときに中身が割れ物だと知らず、乱暴に置いてしまって、割ってしまったことがあり、それ以来中身に何が入っているか必ず確認するようになったのです。
しかし運ぶときにいちいち中を覗いて確認するのは時間がかかります。

なので表面に中身を書くという手法を使うようになったのです。
中身を記すようになってからは割れ物を割るということはなくなりました。

こちらで引越しの荷物関係の話しが出ていますので参考にしましょう。
勉強サイト[単身引越しの料金の相場や荷物の目安は?]

また中身が一目瞭然なので、荷解きを行うときもテンポよく進んでいます。
たまに字が汚くて読めないこともありますが、そういうときは中身を確認すればいいだけの話です。

引越しをする際には、掃除用具だけはいつでも使えるような状態にしておきましょう。
特に掃除機と雑巾は、梱包せずに自分で持ち歩くようにした方が良いでしょう。

引越し当日は、退去する部屋の掃除が必要になります。
掃除機を梱包してしまうと「しまった」ということになるので注意しましょう。

電化製品や家具を動かした跡に綿ぼこりが山ほど、ということもあるのです。
そして転居先では雑巾が大活躍します。

賃貸の場合、殆どの部屋はリフォームされて畳が新しくなっています。
この新しい畳は汚れがついていますので、少なくとも二度は固く絞った雑巾で拭きとる必要があります。

靴下は黒くなるし、布団を敷くと汚れがついてしまうことになります。
マンションやUR賃貸等は、引越し当日までカギを貰えないことが多く、先に掃除をしておくということができませんので、掃除用具はいつも手元に置いておきましょう。

更には水道の元栓を締められていることもありますので、カギを受け取る際には必ず確認をするようにしておくことです。
男性は割とホコリや汚れを気にしないものですので、多少貧乏くじと思っても、女性がきちんとすることが気持ちの良い引越しをするコツだと言えるのです。

私は今までに何度か主人の転勤の為、引越しをしてきました。
引越しをする時には引越し業者の方に依頼するようになるのですが、引越し業者の手配等は主人の会社が行ってくれる為、そのような手間は省く事が出来て本当に良かったと思っています。

しかし主人の会社には社宅がない為、新しい土地での住居探しは自分たちで行わなければいけません。
少しでも土地感があるような場所なら住居探しもそれほど困難ではないのですが、全く土地勘のないような場所での住居探しは本当に難しいものでした。

新しい住居が決定すると日程の調整や引越し業者の方が自宅に来て、引越しに必要な段ボール等を渡してくれ、そこから荷造りが始まります。
夫婦二人の生活であればすぐに片付ける事が出来るのではないかと思うのですが、以前引越しをした際にはまだ子ども達が小さかった為、引越しギリギリになるまで片付ける事が出来ないものが沢山あり、なかなか思うように荷造りが進まなかった事を覚えています。

引越しをする際には新しい土地での生活に対しての希望のようなものもありますが、それ以上に新しい土地への不安や住み慣れた土地を離れてしまう淋しさの方が大きいものとなります。
今後も我が家は転勤に伴い引越しを経験する事になると思うのですが、小学生になった子ども達も淋しさを感じてしまうのだろうなと思うと、大人の都合での引越しが申し訳ないと言う気持ちになります。

引越しの梱包作業を進めていき、引越しの2日前までには冷蔵庫の中身が空になるようにしておきたいですね。
そのために、1週間前くらいから無駄に買い足すことを控え、冷蔵庫の中身だけで作れるような食事にすることが大切です。

食材はもちろんのこと、調味料も使い切ることができればベストです。
さて、ある程度冷蔵庫の中身が片づけ終わったら、引越し前日の夕方をめどに、冷蔵庫本体の電源を抜いておきましょう。

電源を切っておくことで、冷凍庫についた霜を溶かすことができるので、余分な水を取り除くことができます。
故障などの原因にもなりかねませんので、これは守っておきたいポイントです。

また、電源を切った後は、普段できないような庫内の掃除をするいい機会です。
新居にもっていく前にパーツ類をすべて外し洗えるところは洗っておきましょう。

もし、前日にここまでできなくても、せめて電源を抜いておくことを忘れないようにしましょう。
引越し当日は、業者に運んでもらえる場合は問題ないかと思いますが、もし自分で運ぼうとしているのであれば、冷蔵庫は立てた状態で運んでください。

運びやすいからといって寝かせた状態で運んではいけません。
冷蔵庫を寝かせた状態で長時間放置すると故障の原因になる場合もあります。

また、新居に運び入れてからも、すぐには電源を入れてはいけません。
運んだ際の振動で冷却サイクル内の液体や気体が不安定な状態になるため、これも故障の原因になる場合がります。

できるのであれば半日くらい置いた後、電源を入れるようにしましょう。

仕事の関係で、急いで引越しをしないといけなくなってしまったときです。
物件選びさえも1日で契約しないといけないくらい急いでいて、引越し会社の見積もりもなにもできない位バタバタしてました。

一応実家からの引越しだったので、大きな家電とベットや布団は、新しく買う予定だったので、当日に部屋に届くように買ったんです。
あとは家具ですよね、必要な家具はやっぱり家から運びたいし、洋服や私物も持って行きたいし……と言うことで、急いで高い引越し屋さんを使うよりは、自分で運んじゃえ!と、知り合いから車を借りて積んだんです。

大きな荷物はなかったんですけど、それでも服とか、衣装ケースや小物やソファとかを運ばないといけないので、車いっぱいに詰め込みました。
なんとか全部入ってから引越し先に自分で行って、自分で降ろしてとやったんですけど、やっぱり自分で引越しすると、めちゃくちゃ疲れます。

建物の二階を何回も往復して、全部詰めたら荷ほどきをして、届いた家電を設置して、なんて繰り返していたので、落ち着くのに2日以上かかりました。
今度から引越しをするときは、引越し屋さんに慎重に見積もりを頼んで、プロにお任せしたいです。

これ以上荷物があるときに、自分で引越しするのは、実質不可能だなと思いました。

WordPress | Theme by RoseCityGardens.com